テザリングの恐怖「スマホのバッテリー消耗」

「スマホのバッテリー消耗」編です。

実際にスマホを使ってテザリングしてみると分かるのですが、バッテリーの消耗がかなり早いです。まだUSB接続ならPCバッテリーから逆充電できる場合もあるのですが、Wi-Fi接続の場合は凄いことになります。

スマホ単体だけでもバッテリー消耗が激しいというのに、それに加えてテザリングで常時インターネット通信させるわけですから「みるみるうちに」という表現がまさにぴったりでした、私の場合。

例えば10分や15分程度接続するならまだ良いでしょう。

しかし、30分や1時間、また、それ以上継続して使用する場合は、100歩譲ってUSB接続なら良いですが、予備のバッテリーを持っている場合などを除いて、Wi-Fi接続はやめときましょう。肝心な時にスマホがバッテリー切れで使えなくなってしまう可能性があります。

スマホの場合は電源を入れておくだけでもいろんなアプリが動作しています。それに加えて、Wi-FiだったりBluetoothだったりGPSだったりとあらゆる機能を稼働している状態ですと、それだけでもバッテリーを激しく消耗するのは皆さんご存知だと思います。

考えてみてください。それに加えて、テザリングですよ!

PC等からインターネットへの接続要求があるたびに、スマホが一生懸命外部と通信するのです。

これだけでも、バッテリーが悲鳴を上げてしまうのを想像するのは難しくないですよね?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *